コンプレックスや恋愛はお金の判断を鈍くする

大学時代、私は家からの仕送りがない苦学生で、必死にアルバイトをしつ奨学金で学費を賄っていました。

だから日本育英会からは四年に渡ってお金を借りていましたが、それ以外では銀行や金融会社からも借金をしたことはありません。

仮に不測の事態が起きて、どうしても多額のお金が必要になったとしてお金を借りたいと思ったとしても、私は父から借りると思います。

それには二つの理由があり、まずは連帯保証人が必要ないこと。

自分の経済的な事情で誰かに迷惑をかけるのは、絶対に避けたいという思いがあります。

もう一つは、利息の心配が要らないこと。

実は奨学金の返済が一時滞ってしまったことがあり、利息にとても苦労させられたからです。

ふだん私は倹約家のほうで、無駄遣いや衝動買いはめったにしません。

ただ、お金を借りてでもどうにかしたいと思ってしまう事柄が過去にもあったし、今でも時々考えます。

それは身体のコンプレックスに関することで、太っているわけでもないのに若い時は脚痩せに必死でした。

そして好きな人ができるとどうしても容姿を魅力的にしたくて、生活がギリギリなのにエステに通ってしまったこともあります。

20代後半の頃はそれで一度貯金が底をつきかけましたが、何とか冷静になることができました。

人は努力をすることで知識や技術を身に付けられますが、容姿だけは思うようにいきません。

誰にでもコンプレックスがあると思いますが、女性は特に恋愛するとそれが顔を出すようです。

すでに結婚した今でも、エステに通ったら若い頃の体型に戻れるかな…とつい考えてしまいます。

お得で便利なクレジットカードの魅力

クレジットカードの見直しポイント~使えるカードをチェック!

数年前まで現金派だった私も今ではすっかりクレジット派に。
やはり手軽に支払いが出来、手持ちがなくとも欲しい物が買えるのは便利です。(買い過ぎてしまうという恐さもありますが)
クレジットカードのメリットはやはり使った分だけポイントが貯まる事だと思います。
貯蓄のためにはお金は使わない事が一番かもしれませんが、どうしても出費が必要な時もあります。
そんな時に同じ額出費するのであれば、現金で支払って後に何も残らないよりも少しでも後に残る支払い方法が魅力的だと思います。

私はある車のメーカーのカードを使用していた時、そのポイントが車検で使用出来たためとても助かりました。
またある会社のカードでは公共料金の支払いでも使用出来るので便利だと感じます。

クレジットカードを使用すればポイントが貯まるのは当たり前になっていますが、使用しなくても提示だけで何か特典があればもっとありがたいと思います。
例えば‥提携の飲食店で提示すれば消費税分程度お得になる、誕生月はカードを提示すれば使用しなくてもポイントが貯まるなど。

色々な会社が色々な工夫をしているのでこれからも賢く利用していきたいと思います。

お金がない1か月の我が家のルール

ATMに行ってお金をおろしたら残高が1万円ちょっとしかない・・・という時、結婚式に出席するのをためらう時に、「あー、お金がないなー。」と感じます。

お金がない!と気づいたら、まずは外出を控えます。
外出すればのどが渇いたとジュースを買ってしまう。
お腹がすいたとレストランに入ってしまう。
交通費やガソリン代がかかる。
お金がかかることばかりなのです。
そのため、お金がないと気づいたら外出しない。
外に出る時は、お金を持たずに近所をお散歩したり、公共の施設を無料で利用したりします。

そして、お金を使うときはなるべくカードを使い、現金を手元に残す努力をします。
急に不幸やお見舞い、お祝い、付き合いなどがあったときは現金が必要になるからです。
いい大人が、「お金がないんで」と断れないですからね。

どうしてもお金がない、生きていけない、働けないからお金も作れない、という場合や、家などの大きな買い物の際は銀行からお金を借りることが必要だと思います。
しかし、私なら、もう死んでしまう!というレベルにならないと、消費者金融は利用しません。
なぜなら身内が消費者金融の借金のせいで人生が狂ってしまったから。
そうならないように、お金がないと気づいたらなんとかしのいでその1か月で食い止める、というのが我が家のルールです。

(参考:http://お金がないとき.net/

コンビニにはお金は借りないけど、しょっちゅう行きます

家族のひとりがコンビニに勤めてることもあって、頻度としては週に3,4度訪れます。コンビニにしかないスイーツやお弁当目当てでいくことが大半です。

最近のコンビニは目新しいものや美味しいものが充実していることもあって、眺めているだけでも十分に楽しいです。私は特にセブンイレブンの2つ105円の冷凍たい焼きをよく買います。値段と量のバランスがよく、ちょっと間食したいという時にぴったりで美味しいからです。

一方でコンビニのATMは利用しません。やはり手数料が高いというのがネックで、極力手数料のかからない銀行や時間帯を選んでよそを利用しています。ですが一度だけ、早朝にお金が必要になったことがありその時はコンビニのATMはありがたかったです。

手数料はちょっと痛かったですが、病院に必要なお金だったので助かりました。手数料がなければ、あるいはもっと安ければ使いやすいのになとは思います。いまのところ緊急の場合を除いてはあまり使う気になれません。

学生なので質素でもとても素敵だった二人だけの結婚式

3歳年下の彼にプロポーズされた時、彼はまだ大学4年の学生でした。下宿生だった彼は、もちろん貯金など全くなかったけれど私は働いていたし、彼も就職が決まっていたので、なんとか生活していけるだろうと結婚することにしました。

問題は結婚式です。プロポーズされてから結婚まで半年ありましたが、その間彼は必至でバイトでお金を貯めるぐらいで、たいしてお金は貯まりませんでした。

私は就職して3年経っていたので少しばかりの貯金はありましたが、やはり招待客を呼んでの結婚式をする費用はありませんでした。

彼の両親は早すぎる結婚に渋る気持ちと昔ながらのちゃんとした結婚式を望んでいたので、金銭的な援助は望めませんでした。

私の親も普通の結婚式を望んでいましたが、説得して二人だけの海外結婚式を選びました。

最終的に私の親に少し援助してもらいましたが、家具や電化製品等は彼が一人暮らしの時に使っていたものをそのまま使い、私も実家で使っていたもので済ませ、出来る限り結婚式に費用をまわしました。

今になって時々お互いの両親も招待してあげたかったと思うこともありますが、質素ながらとても素敵な結婚式でした。

便利な反面トラブルがあると面倒です

最近は、少しでもお金を貯めたい、効率よく節約したいという中で、クレジットカードや電子マネーを上手く使うという方法が紹介されている場合が少なくありません。

確かに、クレジットカードを使える店舗はどんどん増えており、現金払いでは何のメリットのない支払でもクレジットカードの一回払いなら金利もつかない上にポイントまで貰えるので、お得と言えます。

そのポイントもいかに効率よく貯めるかということも重要で、複数枚のカードを持つよりは1~2枚に搾ってポイントを貯める方が良い場合もあり、利用する店舗も絞った方が更にお得な場合が少なくありません。

誰にとってもコレがお得というカードはごくわずかで、自分が何所で利用するのか、どんなシーンで利用することが多いのかを見極める必要もあり、情報を求める前に自分で情報を得る努力をしないことには自分にとってのお得な一枚には辿り着けないものでもあると思います。そして、便利である反面トラブルがあると厄介であることも認識しておく必要があると思います。

紛失時の連絡先を控えておくことはもちろん、一つの支払いで二重決済された場合などの手続きはかなり面倒である上に時間を要するので、そういったデメリットは嫌!という場合は、やはり明瞭な現金払いが良かったりするのかもしれません。

10万円得るのには犠牲がつきもの。

10万円お金が必要になったら。平凡なOLな私の収入は月1●万円。去年転職したばかりで貯金もない。実は、今のお給料は私の過去最低額の金額となっている。

学生時代から放課後はほぼ毎日バイトで現在と同じ位最低賃金ながらお給料を稼いでいた。私はまだ20台前半だが、一番稼げたのは昼間は普通のOL、夜は水商売。最低でも二つの仕事を合わせ30万は稼いでいた。

正直、裕福な暮らしを体験してしまった私には今の生活は苦しい。10万借りたいといつも思っている、キツキツ状態。年齢的にはまだ水商売には戻れるが、何故戻らないか。

朝7時に起床、9時~18時まで仕事、1時間仮眠、20時~2時まで水商売、夜中3時就寝。私は頼まれると断れない性分。働けば働くだけお金になる。その考えから平日ぶっ通しでこのサイクルで働いていた時もある。下手をすると寝ずに仕事、24時間働き詰めも度々していた。

そんな生活をしていたら、勿論、カラダを壊した。

10万円お金が必要になったら、ギャンブルもしたくない、他人に仮を作りたくない私は自分で稼ぐしかないだろう。だけど、時間や自分の身を天秤にかけることになるでしょう。なるべくはもうしたくない、でもやらなきゃいけないときがきたらやるのかもしれない。

得るのには犠牲がつきものとは、このことを言うのかもしれない。

急な出張!飛行機代が払えない!今日借りれる?

給料日が来て、クレジットカードの支払いもやって、家賃払って、結婚式も重なっていて、お金がピンチ!しかも貯金がまったくない。
手元に5千円。今は15日。給料日まであと10日!という非常に厳しいときに、会社の出張が入った。

会社の取引先で旅行代理店があるので、1週間前までなら、宿泊付のパックが取れ、しかも請求は会社に直接行くので手元のお金の心配はいらない。

だけど、今回はものすごく急で3日後に行かないといけなくなった。さすがにこれには参った。予想もしてない展開。

今日借りれるカードローンも探してみた。いろいろ即日融資可能なカードローンとかあるけど、やっぱり消費者金融で借りるのは止めておこうと思った。

だめもとで旅行代理店に電話をしてみる。うん、やっぱりダメ。九州から東京なので、往復で7万は必要になる。

給料の前倒しなんて出来るわけもなく、バイトで稼ぐことも出来ない。
借金もあったこともあり、キャッシングも出来ない。どうしようもないね。
最終手段で、親にお願いをしました。給料日に返すこと前提に。

堅実に貯金しているだろうと思っている親はびっくりするよね。一人暮らしで大変だってことで、なんとか説明して、貸してもらうことが出来た。

今回宿泊先も立て替えないといけなかったので、9万は使った。
もちろん後から立て替えたお金は戻ってきて返せたけど、いい歳になって親にお金を借りるのは、自信をなくすね。

ぜったいもうこんな思いはしないと誓いました。
貯金ばかりしろというのではなく、ある程度のお金、30万くらいは手元にあるようにしておきたいものです。

« Older Entries

    Blogroll

    Search the Blog